ミニマムウォレットを7カ月間使って経年変化を見てみた

posted in: 日記 | 0

今回は革の経年変化についてしっかりとUPしようと思います。

自分用にタンローの革を購入して、ミニマムウォレット002を作成しました。

緑とナチュラルのツートーンのオリジナルです。

使用期間は2020年12月26日(土)から使用を開始して、今(2021年8月14日(土))に至ります!


※ミニマムウォレット002の商品概要はこちら

ちなみに、こちらの財布は当店では販売していないカラーなのでご注意ください。


タンローの革の新品はやはり白い感じです。さらに硬い感じもありました。

もともとナチュラルの革は好まないのですが、革の経年変化を見るのにはわかりやすいと思い、ブログ用に財布を作成した次第です。

で、使用前の財布の状態は下記の画像です。

撮影日:2020年12月26日(土)*未使用

ミニマムウォレット002(使用前1/4)/タンローの革で作成し、緑とナチュラルの2色仕様です。
ミニマムウォレット002(使用前1/4)/タンローの革で作成し、緑とナチュラルの2色仕様です。
ミニマムウォレット002(使用前2/4)/写真では黒に見えますが、緑に染色していますです。
ミニマムウォレット002(使用前2/4)/写真では黒に見えますが、緑に染色していますです。
ミニマムウォレット002(使用前3/4)/ナチュラル部分はすぐに汚れるので扱いが大変です。
ミニマムウォレット002(使用前3/4)/ナチュラル部分はすぐに汚れるので扱いが大変です。
ミニマムウォレット002(使用前4/4)/作りたてはこんな感じでナチュラル部分は白めのベージュといった色味。
ミニマムウォレット002(使用前4/4)/作りたてはこんな感じでナチュラル部分は白めのベージュといった色味。

ナチュラルの革は少し触るとすぐに汚れるのが欠点です。

もちろんそれが「味」なのでしょうが、落ち着くまでは汚れに感じてしまうんですよね。

ちなみに上の画像は未使用で、レザー用オイルも塗布していない状態です。


撮影日:2021年8月14日(土)*使用して8カ月程度

ミニマムウォレット002(使用後1/4)/ナチュラル部分はかなり飴色になりました。
ミニマムウォレット002(使用後1/4)/ナチュラル部分はかなり飴色になりました。
ミニマムウォレット002(使用後2/4)/ロゴの部分にあるシミは水ジミで撮影の3日前にやってしまったものです。
ミニマムウォレット002(使用後2/4)/ロゴの部分にあるシミは水ジミで撮影の3日前にやってしまったものです。
ミニマムウォレット002(使用後3/4)/中はタンローの白い感じが未だ残っています。
ミニマムウォレット002(使用後3/4)/中はタンローの白い感じが未だ残っています。
ミニマムウォレット002(使用後4/4)/カード部分は染色した緑色が若干移っていますが、個人的には気にはなりません。
ミニマムウォレット002(使用後4/4)/カード部分は染色した緑色が若干移っていますが、個人的には気にはなりません。

使用期間:2020年12月26日(土)~2021年8月14日(土)※8カ月と19日

このように使い込むと飴色に変色していきます。

メンテナンスはレザー用のオイルを使用前に1回、3月くらいに1回と、3日前に1回(シミができたので!!)

ちなみに硬かった革も柔らかくなり、使い心地も良くなりました。(ま、当然か、、)

あと、ロゴ付近のシミは3日前に濡れたペットボトルと一緒にしておいたせいで濡れジミを作ってしまいました。(悔やむ―!)

こういうシミが残るところがナチュラル革の欠点ですね。

この先使い続けるとこのシミは消えるのか見たくありませんか?

薄くはなると思うのですが、消えるのはさすがに無いかなーと僕は思っています。

と、言うことで、年末に写真をUPして経過をお伝えします。