簡単!ノートカバーの型紙の作り方

posted in: 商品開発 | 0

今回は型紙の作り方。かたく言うと設計の仕方です。かんたんに纏めたいと思います。
最近は、オーダーメイドの需要も多くなってきたので、そういった方のお役にたてれば幸いです。


1.内容物のサイズの取り方

例として、ほぼ日手帳WEEKSカバー(ペンケース付き)の型紙を作って見ます。

先ずは、ほぼ日手帳WEEKSのサイズを測ります。

カバーの表革の基準となるサイズは、ほぼ日WEEKSを開いた時と大きさ、

すなわち、

縦188mm×横196mm(表93mm+裏93mm+厚み10mm)

となります。

※あくまで基準なので、このサイズを基に設計します。


2.縫いしろ、あそび、厚みのこと

私の場合、縫いしろは4mmです。

あそびは、上下に3mm、左右に15mm取ります。

左右に15mm取るのはバタフライストッパーとなるペンケースを備えるためです。

なので、

縦(188mm4mm4mm3mm3mm)×横(196mm4mm4mm15mm15mm

すなわち、

縦202mm×横234mm(1枚)

↓こんな感じです。(クリックで拡大)

【本革】ほぼ日手帳weeksハンドメイド型紙画像01

※内側のピンクの実線は縫いしろ4mmです。ピンクの実線の上の黒のドットは縫い穴位置(5mmピッチ)です。


3.両サイドのポケット

これは感覚で良いと思います。

浅すぎると本体とカバーがフィットしなくて使いにくいので、

6~7割程度差し込めるくらいでOKです。

今回の場合はペンケース分横幅を多くとっている(左右に15mm)ので、70mmにしようと思います。

なので、

縦202mm×横70mm(2枚)

↓こんな感じです。(クリックで拡大)

【本革】ほぼ日手帳weeksハンドメイド型紙画像02


4.ペンケース

これは、実際に使用するものに合わせますが、私の場合は・・・

縦34mm×横57mm(2枚)

使用するペンの太さで設計は異なりますが、

PILOT製のハイテックCシリーズの3色用のペンが差し込めるサイズで設計しました。

https://www.pilot.co.jp/products/pen/hi_tec/

※3色用のペンです。


5.背面ポケット

名刺が挟めるサイズに設計しています。

あと、ペンケースの取り付けの邪魔にならない設計であることも重要です。

縦98mm×横70mm(1枚)

※ナナメの断裁については大体で構いません。

↓こんな感じです。(クリックで拡大)

【本革】ほぼ日手帳weeksハンドメイド型紙画像03


6.組み合わせてみると・・・

最後に完成図を作成しました。

【本革】ほぼ日手帳weeksハンドメイド型紙画像04

↓これが実物です!!

ほぼ日手帳weeksカバー商品画像004:開いた時の内側の画像です。
ほぼ日手帳weeksカバー商品画像004:開いた時の内側の画像です。
ほぼ日手帳weeksカバー商品画像005:開いて外側の画像です。
ほぼ日手帳weeksカバー商品画像005:開いて外側の画像です。

※2018.2.25商品UPしました。


如何でしょうか。

ノートカバーなどのあまりパーツが要らない革製品でしたら、割と簡単に型紙の作成できます。

もちろん、当店にオーダーメイドのご相談でしたら、型紙作成をご自身でされる必要はありません。

ただし、大体の寸法は必要なので、「型紙制作の流れ」のみでも知っていただければ思います。

本革”ほぼ日手帳weeksカバー”を追加しました。

posted in: 商品追加 | 0

今回は”ほぼ日手帳weeksカバー”を商品に追加しました。

遂にっ!って感じです。

前々から制作予定でしたが、中々手が回らず先延ばししていました。

ほぼ日手帳と同仕様で、バタフライストッパーのペンケースを備えています。

内側にしまい込まれているので、側面に凹凸がなく、見た目が良いです。

また、丈夫さにも拘りがあり、1.8mmの厚革で製作しています。

 

見た目がシンプルなので、年齢に関係なく永くお使いいただけると思います。

 

詳細については画像下のリンクよりお進みください。

ほぼ日手帳weeksカバー商品画像001:ほぼ日手帳weeks本体より一回り大きいサイズです。
ほぼ日手帳weeksカバー商品画像001:ほぼ日手帳weeks本体より一回り大きいサイズです。
ほぼ日手帳weeksカバー商品画像009:ペンケースの拡大画像です。バタフライストッパーのペンケースが内部に折り込まれているので、側面に凹凸がなく使いやすくなっています。
ほぼ日手帳weeksカバー商品画像009:ペンケースの拡大画像です。バタフライストッパーのペンケースが内部に折り込まれているので、側面に凹凸がなく使いやすくなっています。
ほぼ日手帳weeksカバー商品画像007:右サイドはポケットを配置しています。
ほぼ日手帳weeksカバー商品画像007:右サイドはポケットを配置しています。
ほぼ日手帳weeksカバー商品画像002:表面の画像です。
ほぼ日手帳weeksカバー商品画像002:表面の画像です。

 

※ほぼ日手帳weeksカバーの詳細についてはこちらよりご覧いただけます。

※通常の「ほぼ日手帳」もありますので、こちらも見てみて下さい。

本革”B6情報カードケース”を追加しました。

posted in: 商品追加 | 0

今回は”B6情報カードケース”を商品に追加しました。

左右15枚づつ計30枚の収納が可能です。

リペアのことも考え、平ゴムは縫い付けていないので、劣化の際にはご自身で交換ができます。

≪使用イメージについて≫

→見開き【左】は記入済みのカードホルダー

→見開き【右】は未使用のカードホルダー

【右】のホルダーポケットが浅い理由は収納した状態で記入が出来るよう配慮しています。

シンプルな作りになってますので永く使えると思います。

 

詳細については画像下のリンクよりお進みください。

B6情報カードケース商品画像001:リペアのことも考え、平ゴムは縫い付けていないので、劣化の際にはご自身で交換ができます。
B6情報カードケース商品画像001:リペアのことも考え、平ゴムは縫い付けていないので、劣化の際にはご自身で交換ができます。
B6情報カードケース商品画像008:見開き【左】は記入済みのカードホルダー。【右】は未使用のカードホルダー。【右】のホルダーポケットが浅い理由は収納した状態で記入が出来るよう配慮しています。
B6情報カードケース商品画像008:見開き【左】は記入済みのカードホルダー。【右】は未使用のカードホルダー。【右】のホルダーポケットが浅い理由は収納した状態で記入が出来るよう配慮しています。
B6情報カードケース商品画像012:ゴムで固定して記入もできるような仕様になっています。シンプルな作りになってますので永く使えると思います。
B6情報カードケース商品画像012:ゴムで固定して記入もできるような仕様になっています。シンプルな作りになってますので永く使えると思います。
B6情報カードケース商品画像013:ロゴ部分のアップです。側面はしっかり磨いています。
B6情報カードケース商品画像013:ロゴ部分のアップです。側面はしっかり磨いています。

 

※B6情報カードケースの詳細についてはこちらよりご覧いただけます。

本革”ノートカバー(B6)”を追加しました。

posted in: 商品追加 | 0

今回は”ノートカバー”を商品に追加しました。

B6のノートを2冊収納管理ができます。

2冊収納のメリットですが、例に挙げると、仕事用の場合の活用方法にあります。

「社内用」「社外用」と分けることが出来るので、管理に役立ちます。

その他、「プライベート用」「仕事用」「遊び用」「営業用」とノート単位で管理したい方は是非!

また、ペンケースは内部に収納されますので、見た目もスマートです。

詳細については画像下のリンクよりお進みください。

ノートカバー(B6)商品画像006:2冊収納しています。両サイドのポケットが深いため、キッチリと収まります。
ノートカバー(B6)商品画像006:2冊収納しています。両サイドのポケットが深いため、キッチリと収まります。
ノートカバー(B6)商品画像010:シンプルなノートカバーです。
ノートカバー(B6)商品画像010:シンプルなノートカバーです。
ノートカバー(B6)商品画像007:2か所にペン差しを配置しバタフライストッパーにしています。ペンが内部に収納されるようになっているので、見た目がスマートです。
ノートカバー(B6)商品画像007:2か所にペン差しを配置しバタフライストッパーにしています。ペンが内部に収納されるようになっているので、見た目がスマートです。

※ノートカバー(B6)の詳細についてはこちらよりご覧いただけます。