本革”文庫本カバー(フリーサイズ)※A6規格(105×148mm)”を追加しました。

posted in: 商品追加 | 0

文庫本(A6規格)をリリースしました。

フリーサイズなので本の厚さを選ばず収納できます。

サンプル画像の単語帳は今英語を勉強してまして、愛用中です。

このブックカバーを使えば通勤時に何の本?中学英語?単語??ってなりません!!

むしろ小説っぽい感じですね。

さて、こちらのブックカバーですが、コバ処理や裏面の処理をしっかりやっていまして、

少しハリのある硬い感じですが、使っていくうちに柔らかくなっていく感じです。

バッグの中に本をしまうとき、留められるものがないと本がグシャっとなる場合があるので、これがあると安心です。

また、ゴムバンドは手芸屋さんに売られている10.5mm巾のものを使っているので、へたった時にご自身で簡単にリペアが出来ます。

革の厚みは約1.2mm!!しっかりしたカバーなので永く使えるとおもいます。

こちらの次には新書サイズのカバーをリリースする予定です。

商品画像は以下の感じです。

文庫本カバー(フリーサイズ※A6規格)商品画像008:実際に差し込んでみました
文庫本カバー(フリーサイズ※A6規格)商品画像008:実際に差し込んでみました
文庫本カバー(フリーサイズ※A6規格)商品画像009:入れてみるとこんな感じです
文庫本カバー(フリーサイズ※A6規格)商品画像009:入れてみるとこんな感じです
文庫本カバー(フリーサイズ※A6規格)商品画像004:開いた時の画像です
文庫本カバー(フリーサイズ※A6規格)商品画像004:開いた時の画像です
文庫本カバー(フリーサイズ※A6規格)商品画像011:入れた後の裏側はこんな感じです
文庫本カバー(フリーサイズ※A6規格)商品画像011:入れた後の裏側はこんな感じです

※文庫本カバー(フリーサイズ)※A6規格(105×148mm)の詳細についてはこちらよりご覧いただけます。

お陰様でもうすぐ4周年!そして今後考えていること…

posted in: 日記 | 0

2017年の4月の開始からもうじき4年になります。

実際にECサイトを立ち上げたのも同年の4月だったような気がします。

初めての受注はお守りケースでしたね。今でも覚えています。

今でもお守りケースは凄く人気です。

お守りケース商品画像008:バッグの取っ手部分にくぐらせて取り付けができます。
↑こちらが一番人気の本革お守りケースです。
お守りケースミニ商品画像009:お守りケースとして販売していますが、用途は自由です。
↑お客様よりもっと小さいのが欲しいとご要望があり誕生した本革お守りケースミニ
お守りケース(ボタン仕様)商品画像003:左斜めからの画像です。
革ボタンの仕様もあります。
お守りケース(Lサイズ)商品画像006:通常のお守りケースとの比較画像です。左がLサイズとなります。
↑お客様よりもっと大きいのが欲しいとご要望があり誕生した本革お守りケースL
お守りケース003 商品画像009:革紐を付けてみました。※商品は本体のみです。革紐や金具は付属しません。
↑お客様よりカラビナをつけられる仕様にして欲しいとご要望があり誕生した本革お守りケース
お守りケース003 商品画像009:結構太めの金具が取り付けられます。※商品は本体のみです。金具は付属しません。
↑カラビナをつけるとこんな感じ!

 

最初は1種類だったお守りケースもお客様からの様々なご要望でこんな風に商品が増えていくんです。

有難い!

 

アイテム数を50点以上を目標にしてました!

品数をとにかく50アイテム以上にしたかったけど、中々大変で、やっと現在56アイテム(2021/02/12現在)って感じです!

お客様から『こんなの作ってほしい!』っていうご要望から誕生した商品が結構多いです。有難い!

まだまだ増やしていきたいところですが、でも、中々難しいのです。何せ時間がないから…

何時でも注文があるので、注文商品をつくるので精一杯です。

これが受注生産のきついところですね。さらに、オーダーのご相談、注文も多いですからね。

お店は上手くいってるし、50アイテムはクリアしたし、次の目標を決めないとって思っていました。

 

で、タイトルにある“今後、考えている事”って??

こういうお店をやっていると将来のこと、考えますよね。

過去のブログでも書いているのですが、カフェとか実店舗がやりたいんですよね。

カフェと併設している革製品を販売している雑貨屋さんみたいな感じです。

 

でも、まずはこのオンラインショップが上手くいけているってことは、もう少し拡大させてみよう!なんて思っているんです。

そうなんです!アメリカ向けに販売してみたいと考えています。越境ECです!!

サイトを自分で作って、売ってと出来るのか、言語の壁があるので不安ですが、春にはリリースしたいとおもってます。

AmazonやCreemaに頼らず自分で何でもやってみたいという、ココでも職人魂をみせます!

その後にカフェと実店舗ですね。

 

本革”ミニマムウォレット002(ゴムバンド仕様)(小さい財布)”を追加しました。

posted in: 商品追加 | 0

ミニマムウォレットの新作です。

とにかく小さく、使いやすく、シンプルにということを追求して作成しました。

ゴムバンドを少し上部に配置しているのは使用した際の出し入れが少しでも楽になるよう配慮した結果です。

カード収納は2カ所で、メインの収納部は一般的なカードを10枚余裕で収納できます。

小銭入れはしっかりとマチ付きにしており、とても取り出しがし易いです。

小銭入れのボタンは厚さが出るので無くし、ベロを長くして小銭の落下防止にしています。

また、ゴムバンドは幅1.1cmのものを使用しており、へたった時にはご自身で交換可能です。

とことん小さい財布をお求めの方は是非!

商品画像は以下の感じです。

ミニマムウォレット002(ゴムバンド)商品画像009:厚さを減らす為、小銭入れにはボタンを無くし、巻き込む形で畳みます
ミニマムウォレット002(ゴムバンド)商品画像009:厚さを減らす為、小銭入れにはボタンを無くし、巻き込む形で畳みます
ミニマムウォレット002(ゴムバンド)商品画像008:札とカード、小銭を収納した画像です
ミニマムウォレット002(ゴムバンド)商品画像008:札とカード、小銭を収納した画像です
ミニマムウォレット002(ゴムバンド)商品画像001:ショップカードと並べてみました。
ミニマムウォレット002(ゴムバンド)商品画像001:ショップカードと並べてみました。
ミニマムウォレット002(ゴムバンド)商品画像012:収納後にゴムで留めます。少しふっくらしますがボタンがないので、厚みが最小限です。
ミニマムウォレット002(ゴムバンド)商品画像012:収納後にゴムで留めます。少しふっくらしますがボタンがないので、厚みが最小限です。

※ミニマムウォレット002(ゴムバンド仕様)の詳細についてはこちらよりご覧いただけます。

本革”デッキケースXL(ローダー対&50mm厚収納対応)”を追加しました。

posted in: 商品追加 | 0

久しぶりに新しいデッキケースのリリースです。

お客様のご要望で収納容量を厚さ50mmに対応したデッキケースを作成しました。

さらにローダー対応となっています!

ローダー20枚と1枚スリーブ30枚(合わせて厚さ5センチ)を楽々片側に収納の出来ます。

3重スリーブ対応の大きいサイズのローダーも対応しています。

商品画像は以下の感じです。

デッキケースXL(ローダー対応&50mm厚収納対応)商品画像006:ローダー20枚と1枚スリーブ30枚(合わせて厚さ5センチ)を楽々片側に収納の出来ます
デッキケースXL(ローダー対応&50mm厚収納対応)商品画像006:ローダー20枚と1枚スリーブ30枚(合わせて厚さ5センチ)を楽々片側に収納の出来ます
デッキケースXL(ローダー対応&50mm厚収納対応)商品画像007:ローダー20枚と1枚スリーブ30枚(合わせて厚さ5センチ)を楽々片側に収納の出来ます
デッキケースXL(ローダー対応&50mm厚収納対応)商品画像007:ローダー20枚と1枚スリーブ30枚(合わせて厚さ5センチ)を楽々片側に収納の出来ます
デッキケースXL(ローダー対応&50mm厚収納対応)商品画像010:デッキケースLとの厚さの比較です。デッキケースXLの方が1センチほど厚さがあります
デッキケースXL(ローダー対応&50mm厚収納対応)商品画像010:デッキケースLとの厚さの比較です。デッキケースXLの方が1センチほど厚さがあります
デッキケースXL(ローダー対応&50mm厚収納対応)商品画像002:開いた時の写真です
デッキケースXL(ローダー対応&50mm厚収納対応)商品画像002:開いた時の写真です

※デッキケースXL(ローダー対応&50mm厚収納対応)の詳細についてはこちらよりご覧いただけます。