【真鍮】ゴールデンスマイルコンチョを追加しました。

posted in: 商品追加 | 0

スマイルコンチョを作ってみました。

よくあるスマイリーな感じではないスマイルを作らなければと思い、こんな感じになりました。

スマイルコンチョで検索してもこのスマイルはどこにも売っていません!!

また、丸みが無く、フラットなボタンのような仕上がりなので飾り等に使用する感じかと思います。

こちらのコンチョ!!簡単そうに見えて結構時間をかけて作っています。

オーバーレイ製法といった作成手順で、真鍮板を一枚は円形、一枚はスマイルに切り抜き、

2枚の真鍮板を溶接しています。

商品画像は以下の感じです。

※ゴールデンスマイルコンチョ/直径15mm/真鍮製の詳細についてはこちらよりご覧いただけます。

本革”A5シンプルノートカバー(148×210mm)”を追加しました。

posted in: 商品追加 | 0

久しぶりに商品を追加しました。

一枚の革で包む仕様のシンプルなノートカバーです。

縫いをしないで作成している為、縫い代がなく、A5ノートとほぼ同じサイズのカバーです。

ノートの固定は丸ゴム(1.5巾)でおさえて留めるようになっています。

複数のノートを収納できるので、使い勝手が抜群です。

サンプルの写真では3冊を収納しています。

若干はみ出ますが、ラフに使用する感じであれば問題ないです。

カバーの固定は板ゴムを使用しており、長期の仕様でヘタってもご自身でリペアが可能です。

商品画像は以下の感じです。

※A5シンプルノートカバー(148×210mm)フリーサイズ)の詳細についてはこちらよりご覧いただけます。

ミニマムウォレットを7カ月間使って経年変化を見てみた

posted in: 日記 | 0

今回は革の経年変化についてしっかりとUPしようと思います。

自分用にタンローの革を購入して、ミニマムウォレット002を作成しました。

緑とナチュラルのツートーンのオリジナルです。

使用期間は2020年12月26日(土)から使用を開始して、今(2021年8月14日(土))に至ります!


※ミニマムウォレット002の商品概要はこちら

ちなみに、こちらの財布は当店では販売していないカラーなのでご注意ください。


タンローの革の新品はやはり白い感じです。さらに硬い感じもありました。

もともとナチュラルの革は好まないのですが、革の経年変化を見るのにはわかりやすいと思い、ブログ用に財布を作成した次第です。

で、使用前の財布の状態は下記の画像です。

撮影日:2020年12月26日(土)*未使用

ミニマムウォレット002(使用前1/4)/タンローの革で作成し、緑とナチュラルの2色仕様です。
ミニマムウォレット002(使用前1/4)/タンローの革で作成し、緑とナチュラルの2色仕様です。
ミニマムウォレット002(使用前2/4)/写真では黒に見えますが、緑に染色していますです。
ミニマムウォレット002(使用前2/4)/写真では黒に見えますが、緑に染色していますです。
ミニマムウォレット002(使用前3/4)/ナチュラル部分はすぐに汚れるので扱いが大変です。
ミニマムウォレット002(使用前3/4)/ナチュラル部分はすぐに汚れるので扱いが大変です。
ミニマムウォレット002(使用前4/4)/作りたてはこんな感じでナチュラル部分は白めのベージュといった色味。
ミニマムウォレット002(使用前4/4)/作りたてはこんな感じでナチュラル部分は白めのベージュといった色味。

ナチュラルの革は少し触るとすぐに汚れるのが欠点です。

もちろんそれが「味」なのでしょうが、落ち着くまでは汚れに感じてしまうんですよね。

ちなみに上の画像は未使用で、レザー用オイルも塗布していない状態です。


撮影日:2021年8月14日(土)*使用して8カ月程度

ミニマムウォレット002(使用後1/4)/ナチュラル部分はかなり飴色になりました。
ミニマムウォレット002(使用後1/4)/ナチュラル部分はかなり飴色になりました。
ミニマムウォレット002(使用後2/4)/ロゴの部分にあるシミは水ジミで撮影の3日前にやってしまったものです。
ミニマムウォレット002(使用後2/4)/ロゴの部分にあるシミは水ジミで撮影の3日前にやってしまったものです。
ミニマムウォレット002(使用後3/4)/中はタンローの白い感じが未だ残っています。
ミニマムウォレット002(使用後3/4)/中はタンローの白い感じが未だ残っています。
ミニマムウォレット002(使用後4/4)/カード部分は染色した緑色が若干移っていますが、個人的には気にはなりません。
ミニマムウォレット002(使用後4/4)/カード部分は染色した緑色が若干移っていますが、個人的には気にはなりません。

使用期間:2020年12月26日(土)~2021年8月14日(土)※8カ月と19日

このように使い込むと飴色に変色していきます。

メンテナンスはレザー用のオイルを使用前に1回、3月くらいに1回と、3日前に1回(シミができたので!!)

ちなみに硬かった革も柔らかくなり、使い心地も良くなりました。(ま、当然か、、)

あと、ロゴ付近のシミは3日前に濡れたペットボトルと一緒にしておいたせいで濡れジミを作ってしまいました。(悔やむ―!)

こういうシミが残るところがナチュラル革の欠点ですね。

この先使い続けるとこのシミは消えるのか見たくありませんか?

薄くはなると思うのですが、消えるのはさすがに無いかなーと僕は思っています。

と、言うことで、年末に写真をUPして経過をお伝えします。

本革”四六判ブックカバー(フリーサイズ)※188×128mm”を追加しました。

posted in: 商品追加 | 0

四六判ブックカバー(フリーサイズ)※188×128mmをリリースしました。

フリーサイズなので本の厚さを選ばず収納できます。

サンプル画像の本は四六判より2mm~3mm程度横幅があるのですが、無理なく収納出来ました。

通勤中に勉強で読むのですが、英検3級の本っていうのがばれなくて重宝しています。

こういう勉強系の本は特に周囲に見られたくないのでブックカバーは必須です。

他では無い特徴はゴムバンドで留められるところです。

カバンの中でバラバラしないので扱いやすいと思います。

また、ゴムバンドは手芸屋さんに売られている10.5mm巾のものを使っているので、へたった時にご自身で簡単にリペアが出来ます。リペア方法はブログに掲載していますのでご確認ください。

また、同仕様のオーダーメイドの承りますのでお気軽にお問合せください。

商品画像は以下の感じです。

四六判ブックカバー(188×128mm※フリーサイズ)商品画像010:収納後の表紙側の画像です
四六判ブックカバー(188×128mm※フリーサイズ)商品画像010:収納後の表紙側の画像です
四六判ブックカバー(188×128mm※フリーサイズ)商品画像006:こちらの本は横幅が四六判サイズより3mm多いのですが、問題なく収納出来ました
四六判ブックカバー(188×128mm※フリーサイズ)商品画像006:こちらの本は横幅が四六判サイズより3mm多いのですが、問題なく収納出来ました
四六判ブックカバー(188×128mm※フリーサイズ)商品画像003:フリーサイズなので右側が調整できる仕様になっています
四六判ブックカバー(188×128mm※フリーサイズ)商品画像003:フリーサイズなので右側が調整できる仕様になっています
四六判ブックカバー(188×128mm※フリーサイズ)商品画像005:四六判サイズの本とあわせてみました
四六判ブックカバー(188×128mm※フリーサイズ)商品画像005:四六判サイズの本とあわせてみました

※四六判ブックカバー(188×128mm※フリーサイズ)の詳細についてはこちらよりご覧いただけます。